神戸YMCAインターナショナル・チャリティーラン

あなたが走るとハッピーになるこどもたちが増えます。

神戸YMCAは障がい児支援を目的とした「神戸YMCAインターナショナル・チャリティーラン」を毎年秋(2021年は11月23日(火・祝))にしあわせの村で開催しています。すべての子どもたちが共に生きる社会を実現するために、チャリティーランをご支援ください。

インターナショナル・チャリティーランとは?

YMCAインターナショナル・チャリティーランは集まった支援金で「日本中の障がいのあるこどもたちがYMCAの夏のキャンプに参加できるように!」との願いから、1987年に東京で始められました。

【神戸YMCAチャリティーランの目的】

①YMCAが主催・共催する障がい児・者プログラムを支援し、「共に生きる」社会を目指します。
②神戸YMCAに関わる多くのボランティアやメンバーが協働し、交流を通して「心のふれあい」を促進します。
③広く市民に参加を呼びかけ、ボランティアによる運営を大切にし、「ボランティアの心」を育てます。チャリティーランhokkaido

 

 支援の方法

1、参加者として

参加費の中に支援金が含まれています。

詳しくは、こちらより。【チャリティーラン大会ホームページへ】(準備中)

 

2、大会スポンサーとして

協賛金でのご支援。

チャリティーランの趣旨にご賛同いただける方は、ご協力くださいますようお願いいたします。

この協賛金はすべて「支援金」として役立てられます。
〇個人3,000円以上
〇企業・団体 1口20,000円、一口以上

 

支援金の使い道

YMCAの通常のキャンプでは8~12名のグループを構成し、1~2名のボランティアが指導、援助を行います。しかし、障がいのあるこどもたちのキャンプでは安全かつ有意義にプログラムを実施するために、メンバーのニーズに合わせた指導体制がとられます。マンツーマンに近い数のボランティアが必要になることも珍しくありません。チャリティーラン支援金は、このボランティアたちのトレーニングの費用や交通費、宿泊費に用いられ、結果的に参加者の負担を軽減し、より多くのこどもたちが参加出来るように使われます。

 

 第22回 神戸YMCAインターナショナル・チャリティーラン2019 支援金実績(報告書より)

【収入の部】

参加費

340,500

協賛金

799,351

協賛バザー

205,050

ラッフル

208,400

合計

1,598,301

【支出の部(大会運営費として)】

郵送費等

51,620

会議費等

18,631

印刷費等

55,750

賞状/メダル/ナンバーカード作成費等

445,879

交通費

208,996

食材費等

95,169

会場使用料

19,296

事務用品

109,156

傷害保険

92,000

合計

1,096,497

【支援金】

全国YMCA障がい児プログラム支援のために

150,541

神戸YMCA障がい児プログラム支援のために

351,263

合計

501,804

 ※金額:円

チャリティーラン2019

 

これらの活動をささえているのが「インターナショナルチャリティーラン」です。
募金支払い方法の選択募金支払い方法の選択
●クレジットカードで申し込む
個人で
●郵便局で申し込む
個人で
法人で
●銀行で申し込む
個人で
法人で
ログインログイン
ID(メールアドレス)
パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

ログインしていただくと2回目以降のご寄付時に住所等の入力が省略できます。

メールマガジン登録

メールマガジン登録

メールアドレス


グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。