手をつなごう。誰かのために。

困難な状況にある子どもたちが、いのちを輝かせることができるように、
お支えください。

みんなが笑顔になるためにこころを届けよう

image01この奨学金は、神戸YMCAの主催する青少年プログラムに、経済的事由のために参加したくても参加できない18歳未満の青少年に対して支援を行い、その心身の健やかな成長に資することを目的として2004年度から設置しています。
募金の性質上、参加者の個人情報につながることは公表できませんが、申請後、担当者が面接をして状況を把握し、その上で子ども奨学金委員会に推薦して助成を決定いただいています。(プログラム参加費の最大50%補助)
子どもたちのこころと身体の成長のために、皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。

助成実績

子ども奨学金これまでの助成は約1,400件に上り、助成金総額は3,600万円に達しております。毎年継続して申請される方も多く、神戸YMCA維持会費の一部やチャリティープログラムの益金をそれに充てていますが充分ではありません。
そのため、様々なチャリティープログラムや募金活動を通じて、地域の方々、企業、団体に協力をお願いしております。
なお、2011年4月に公益財団法人として認可を受けた神戸YMCAに対する寄附は寄附控除などの対象になります。

▼ 子ども奨学金制度のご案内はこちら

参加者の声

キャンプ 参加者の保護者
初めてのキャンプの参加で行く前から「どんなところかな?」「何をするのかな?」と気にしているようでした。余島キャンプの経験者である兄と荷物の準備をしたりして、出発前からも楽しそうにしていました。同じ保育園からのお友だちもいたので、帰ってからも「さみしくなかった!」と言っており、色々と楽しいお話をし、聞かせてくれました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

アクアティック 参加者の保護者
この1年間も大変お世話になり、本当にありがとうございました。体調を崩すこともあり、以前に比べてお休みさせていただくこともあったと思いますが、本人は毎回「今日は〇〇をがんばろう」と目標を決めて取り組んでいたようです。周囲のお友だちの泳ぎが刺激になり、リーダーの言葉が励みになり、「水泳を続けていて良かった」と話してくれます。リーダーのみなさま、スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。心より感謝を申し上げます。

 

 

キャンプ 参加者の保護者
この度も子ども奨学金制度を利用し、プログラムに参加させていただき本当にありがとうございました。昨年の冬に初めて宿泊を伴うキャンプに参加させていただき、「とても楽しかった」と帰ってきましたので、夏もぜひ!と思い、参加させていただき感謝いたします。親が一緒だとついつい何でも手伝ってしまうのですが、一人でできた!という自信につながったと思います。

 

 

キャンプ 参加者の保護者
YMCAのキャンプに参加させていただき、「とても楽しかった」と終始笑顔で話をしてくれます。雪の心配もしましたが、当日は雪も積もり、雪遊びを楽しむことができたようで、普段触れることのない雪で遊ぶことができ、とても良い経験ができたと思います。また、グループのお友だちやリーダーともたくさん遊び、とても楽しかったようです。今回はお泊りも泣かずにでき、本人もとても自信につながったようで、とてもたくましい表情をして帰ってきました。親子共にたくさん成長を感じることができたキャンプになりました。ありがとうございました。

 

 

キャンプ 参加者の保護者
2年ぶりに参加しました。帰ってくるなり「聞いて!聞いて!」とたくさん想いがあふれているようでした。2年前はチャレンジできなかった遠泳。「達成感がすごかった!」と言う姿を見て、同じ場所に帰り、自らの成長を感じられる機会のかけがえのなさを思います。それも子ども奨学金があったからこそだと思います。数年に渡り、子どもの成長を支えていただいた事を心から感謝いたします。

 

 

デイキャンプ 参加者の保護者
天候に恵まれ、とても良い経験になったと思います。普段とは違う環境、関わる機会のない方たちと活動したことは、この夏の良い思い出となりました。スタッフのみなさんは、元気で優しいお兄さんお姉さんだったこともあり、たくさんのことを学んできたのかなと感じます。初めて共に過ごす仲間とふれあい、自然の中で考え、学び、分かち合えたようで、家に帰ってきてからはデイキャンプの出来事をたくさん話してくれました。初日、集合場所へ向かう時の表情は硬かったけど、帰りはとてもすっきりしていました。本当にありがとうございました。

 

 

キャンプ 参加者の保護者
キャンプは3日間なのに「こんなに成長するの?」と思うほど、自分の事は自分でするようになっていました。できることを嬉しそうにやってくれます。いつもガミガミと叱ってしまう私は、目からうろこ状態であり反省しました。子どもが幸せになるため、みんなに愛されるために伝えたいこと、できるようになってほしいことがたくさんあります。娘にたくさん教えてくださり、たくさん愛してくださり、共に過ごしてくださりありがとうございました。

これらの活動をささえているのが「子ども奨学金」です。
●クレジットカードで申し込む
●郵便局で申し込む
●銀行で申し込む
募金支払い方法の選択募金支払い方法の選択
●クレジットカードで申し込む
個人で
●郵便局で申し込む
個人で
法人で
●銀行で申し込む
個人で
法人で
ログインログイン
ID(メールアドレス)
パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

ログインしていただくと2回目以降のご寄付時に住所等の入力が省略できます。

メールマガジン登録

メールマガジン登録

メールアドレス


グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。